いびき 睡眠時無呼吸 不眠 入眠障害

むずむず脚症候群ってなに?

更新日:

2018年の睡眠学会でも、多くとりあげられている印象であった

「むずむず脚症候群」

変わった病名ですが、このページではむずむず脚症候群について簡単にまとめました。

 

レストレスレッグス症候群(RLS: Restless legs Syndrome)
むずむず脚症候群

 

4つの特徴的な症状

 

1 不快な下肢の異常感覚に伴う下肢を動かしたいという強い欲求。( urge to move )

 

2 安静臥位または座位で、症状が出現または増悪する。( worse at reat )

 

3 症状が運動によって改善する。 (relief by movement)

 

4 夕方から夜に増悪する。 (worse at night)

 

 

補助的な特徴として、家族歴、ドパミン作動薬への反応、PLMS(睡眠時周期性四肢運動:periodic Limb Movement in Sleep)の合併

 

 

そのほかにも、睡眠障害、疼痛、日中の機能低下、気分症状など多彩な症状を呈することが知られているが、RLS患者の75.5%で少なくとも1つの睡眠に関する症状があるとされている。

 

また、26.2%で抑うつ状態を呈しているといわれる。

 

 

RLSは明らかな原因のない特発性と
発症の誘因や原因となる疾患が存在する続発性に分類される。
続発性の原因として 鉄欠乏、妊娠、腎不全(とくに透析導入)、神経疾患、糖尿病など。

 

 

RLSの治療

 

1 増悪因子となる生活習慣の是正
  (カフェイン、アルコール、ニコチンの中止)

 

2 ドパミン作動薬などの薬物療法
  プラミペキソール(ビ・シフロール)、ロチゴチン(ニュープロパッチ)、ガバペンチン・エナカルビル(ガバペン)

 

 

RLSに似たような症状を呈する疾患:RLSの診断には以下のものを除外するのが大事。

 

末梢神経障害、神経根症、睡眠時ひきつけ、こむら返り、下肢の血行障害による感覚異常や疼痛、アカシジア

 

痛む脚と動く趾症候群、不安障害、うつ、皮膚病変など。

 

-いびき 睡眠時無呼吸, 不眠 入眠障害

Copyright© SASCARE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.