いびき 睡眠時無呼吸 ナステント

簡易睡眠検査:ナステントタイアッププロジェクト

更新日:

いびき、睡眠時無呼吸でお困りの方が 来院された場合

慢性副鼻腔炎や、アレルギー性鼻炎、薬剤性鼻炎など

鼻の問題がない場合には、

生活習慣の指導(横向き寝、減量、禁酒禁煙等)に加えて

基本的に簡易睡眠検査の実施をお勧めしています。

簡易睡眠検査は、睡眠状態を記録する装置をつけていただき、夜間の睡眠状態を判定するものです。

簡単に数値だけで評価するわけではありませんが

ここでは わかりやすくするために 判定のための数値のみを書きますが

簡易検査で、AHI(無呼吸低呼吸指数)が40以上、であれば

CPAP装用が保険適応で使えるようになります。

それでは保険適応にならないAHI40以下なら、どうするか。

一泊入院で PSG検査(終夜睡眠ポリグラフ検査、当院で検査可能です。)

と行います。

PSG検査でAHIが20以上であれば、これもCPAP保険適応になります。

それでは PSGでもAHI20以下であったら、治療しなくていいの?

いびきはどうしたらいいの? 生活習慣の改善(横向き寝、減量、禁酒禁煙等)しかない?

痩せていて、酒もタバコもしなくて、上を向かないと眠れない人はどうすればいいの...

ということになります。

極端な例をあげれば、AHI:19なので無治療、AHI:21の方はCPAPということに

なりかねません。

このような例に当てはまる方で、肥満も、鼻づまりもない方はナステントのよい適応と

考えます。

 

現在、ナステント製造元のセブンドリーマーズさんの協力のもと、

モニターキャンペーンを行っています。

簡易検査、あるいはPSGでAHI20以下のような 軽症の睡眠時無呼吸の方を対象に

ナステント装用によって、どの程度AHIが改善するかを検証するために

ナステントを4W分(11100円相当)無償提供させていただき、期間中何度かナステント装用と非装用の状態で、簡易睡眠検査(機器を貸出いたします。モニター期間中の簡易検査に費用は発生しません。)を行っていただくモニターキャンペーン中です。

(はじめの睡眠検査には通常の受診手続きが必要です。どなたに対してもナステントが最適というわけではありませんので、いきなりナステントモニターだけのご希望には沿うことができません。)

ご興味のある方は まずはご連絡ください。受診日などのご案内をいたします。

耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院 中西まで

-いびき 睡眠時無呼吸, ナステント

Copyright© SASCARE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.