ゼオスキン ZO SKIN

皮剥けしにくいゼオスキンセラピューティックのやり方。

このページでは ゼオスキン セラピューティックの皮剥けしにくい導入法についての解説をします。

###皮剥け、赤みが出る程度は、個人差が大きいです。###
ゼオスキン セラピューティックプログラムでは、ビタミン A であるトレチノインの作用によって、 お肌のターンオーバーが盛んになることで皮剥けが起こります。

ただ、シミがポロッと落ちるわけではなく、
肌のターンオーバー整って、それまで健康な状態に整った結果として シミが目立たなくなってくる感じなんです。
 
注意すべきなのは
ミラミンやミラミックスで真っ赤になって、
さらにトレチノインで 激しく皮剥け剥けしているような場合には、刺激により 色素沈着を起こす可能性がある、ということです。
 
ということで、あんまり皮剥けせずとも ゆっくり時間をかけて取り組んでも
ちゃんとキレイになりますので、ここから 皮剥けしにくいやり方について説明します。
 
 

①皮剥けしにくいやり方  トレチノインの量を減らす。

これがまず第一です。 私の場合(Haruka ENT clinic)は 輸入物よりも 肌荒れがでにくく、刺激の少ない CD トレチノイン(0.1%)を処方しています。

 

このトレチノインは通常ミラミックスと混ぜて使用しますが、 

皮剥けの程度により この量を減らしてコントロールします。

 

通常ミラミックス対 トレチノインを
1対0.5 のところ 、導入時は 1対0.25 くらいにかなり少なくして使います。
 
それでも 皮剥けが目立つ場合は、
2、3日ほど ミラミックストレチノインをお休みしてから 
さらに少ない量で、一日置きに塗るようにして再開します。

 

 

目元、口元は皮剥けしやすいので 、そういうデリケートなエリアを避けて使用します。
 
あるいは 目元、口元は1日置き、または、2日おきにごく少量塗る というふうに、間隔を開けて
休みながら使用します。
 
トレチノインは続けて使っていると、1ヶ月くらいで徐々に耐性ができて、皮剥けしにくくなってくるということもありますの で
セラピューティックの初期には、とにかく焦って皮剥けしすぎないようにします。
 

②皮剥けしにくいやり方 :ミラミックスの使用を控える

 
ミラミックスには、トレチノインが肌に入っていくのを 助ける働きがあります。
 
本来のセラピューティックでは、この働きに期待してトレチノインを混ぜて使用するんで す。

 

 

つまり、ミラミックスを使わないと、 「トレチノインが肌に取り込まれることを、少し控えめにできる」ということになります。
 
ミラミックスを使わない場合は、代わりに、ミラミンとトレチノインを混ぜて使用してOKです。
 
 

③皮剥けしにくいやり方 :ミラミンの使用を控える 

おいおい、今、ミラミンを使うっていったじゃないの! という方 大丈夫です。
まだ減らして コントロールする余地があります。
 

通常、ミラミンは 朝 晩 塗りますが、これを朝だけ あるいは夕だけ にします。

 

④皮剥けしにくいやり方 :RCクリームを併用する

ここまで お話したやり方は 、通常のセラピューティック プログラムで用いる美容液 をそのまま 生かしていく方法ですが
 
よりマイルドに行いたい場合は

朝のミラミンを RC クリームに変更することもおすすめです。

RC クリームは ゼオスキンのシリーズの中でも、珍しく保湿力に優れた商品になります。 

 

ゼオスキンの商品って、保湿力を売りにしているものって少ないんです。これはゼオスキンの目指す健康な肌のイメージが、 「保湿がいらないくらいに常に潤ったお肌」であるためです。

 

つまり「保湿が大事」という概念に乏しいんですね。

 

 

セラピューティック中、夜はトレチノインで攻めて 肌を積極的に作り変えるように作用 させる時間なんです。
 
だから、夜は保湿系のものを塗ることは控えるほうが、ゼオスキンの目指す効果が高いと考えられていますが、 
どうしても目元や口元など乾燥が気になれば、部分的に保湿剤を塗っても良いと思います。

セラピューティック中は、お肌の乾燥感、シワなどが出やすい傾向になります。

 

とはいえ、毎日仕事にも行くし けっこう乾燥感でぱりぱりして、肌荒れ感がきついなあ、 というとき

朝、日焼止めを塗る前にRC クリームを使うと、潤う感じがでて過ごしやすくなります。 
 
今回は保湿力の比較的高い RC クリームをご紹介しましたが
セラピューティックが終わった後にも、使うことになるデイリーPD でも良いと思います。
 

 今回は、セラピューティックのダウンタイムが気になる方向けにマイルドな導入の仕方について解説してみました。

 

なるべく赤くなったり 皮剥けせずに、ゼオスキンやってみたいという方は、
実際にお肌の反応をお聞きしながら 進めていくことが可能です。
 
クリニックでお会いできるかたは、ぜひお手伝いさせていただけたらと思います。 

 

はるか耳鼻咽喉科
ゼオスキン外来日にお電話でゼオスキンご相談のご予約をしてから来院いただけると助かります。
水曜 午前、午後
金曜 午後
土曜 第1〜3週午前

電話 0725-50-3333

耳鼻咽喉科専門医:抗加齢医学会【アンチエイジング】専門医:
中西 悠

-ゼオスキン ZO SKIN

Copyright© SASCARE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.